夏の八ヶ岳1泊2日硫黄岳-横岳-赤岳縦走① 赤岳鉱泉ステーキ

夏山を満喫すべく、八ヶ岳1泊2日 硫黄岳ー横岳ー赤岳縦走してきました。宿泊は山小屋、赤岳鉱泉でお風呂にビールに名物ステーキで至福の山小屋泊。翌日は好天に恵まれて絶景の尾根歩きでした。

2018.8/16-17の一泊二日。小屋宿泊で6名パーティでした。

八ヶ岳への山行は一年前にガスった日帰り硫黄岳がいちど。あの日は一瞬の回復を信じて登り、結局眺望はなかったですね。大迫力という山頂爆裂火口は真っ白な霧に包まれて、足元の火星チックな景色しか記憶にない…

いや、あの日、良かったのは、登山口を目指す途中の八ヶ岳パーキングエリアのパン屋。思い出したので寄って食べる。長く厚いベーコンが5㎝くらいずつはみ出たパン。あまりにうれしくて行動食を買い足し忘れる失敗。

さて、この日の天気は…

家を出て集合場所の海老名へ向かう茅ヶ崎は朝日が見えたけど、向かう高速では雨に降られたりしつつ、八ヶ岳が見えるころは曇ってました。

だいぶインター降りて、山道へ入ると、赤岳山荘まで結構な距離を車に揺られる。これ歩いたら大変だな。。と車に感謝。林道は大型車には狭く、長い。何人か登山者とすれ違ったので、ドライバー、歩行者共に注意が必要だと思います。

登山口ではクモリ。歩き始めてすぐの美濃戸小屋で行動食としてあんぱん、デニッシュパンをゲットできて安堵。結果から言うと各山小屋にはカップラーメンやお菓子が売っていたので困らなかったかもしれないけど、やはり心もとない。反省。

天気予報は不安定で降水確率50%くらいとのこと。今日をやり過ごせば明日は天気が期待できるという状況下での登山開始。この日のプランは行者小屋を経て赤岳を登り、赤岳展望荘宿泊でした。

すぐ、雨が落ち出してきた。

雨装備で登る。

もともと気温が低く、登りやすかったのですが、パラパラと雨。次第にザー。そのうちザーザーで寒いくらい。久々にカッパ上下を着ての登山でした。気温は20度を下回り、14-15℃くらいでした。

赤岳には岩場があるんですね。それをこの雨の中登るのは厳しいねーと行者小屋でプラン変更会議。行者小屋では数組の登山者が小屋の屋根付きテラスの下でラーメン中。真夏なのに白い湯気があがり、こちらの寒さもあって、ウマそうでした。

アタシはカップラーメンを買ってズルズル。協議の結果、

予定変更!赤岳鉱泉に逃げ込んで風呂!ビール!

八ヶ岳山域は小屋も多い。なので、比較的アプローチが容易な赤岳鉱泉へ向かうことに変更。天気や体力で宿泊地を変更できるのは大きなメリットですね。赤岳鉱泉は予定はしていなかったけど、行者小屋から電話で空きもありと聞き安心。

赤岳鉱泉は小屋飯が旨いと評判で、特に、晩飯にステーキが出ることがあって、山小屋泊の食事としてはとても有名なんです。なので、ホントは最初からこっちに泊まりたかったワタシ。なので、大歓迎のプラン変更でした。

晩ごはんのステーキですが、毎晩の夕飯がステーキというわけではないらしいので、天候の回復より、今夜はステーキでありますようにと願う。歩行中、アタマはステーキ一色でした。

また、赤岳鉱泉は水が豊富でお風呂に入れる小屋としても有名。赤石鉱泉小屋はすばらしいじゃないかと、みんな喜んで行者小屋から赤岳鉱泉へ下ります。

グラスにマムート(^^)

赤岳鉱泉は素晴らしい小屋

赤岳鉱泉外観 小屋のFacebookより

割と大きい部類に入る木造の山小屋に思えました。赤岳鉱泉ホームページがわかりやすいです。入口脇が軽食のカウンターにもなってて、メニューが手書きで白熱灯がともるウッディなカフェ。中に入ると濡れたものは乾燥室へと案内される。

赤岳鉱泉ホームページより乾燥室

乾燥室はストーブが炊かれて真夏ですけど冬なムード。小屋の中はしっかりとした柱と板で整然とした空間。食堂は広く、ストーブに火が入っていました。その場にいれば納得なのですが、8月中旬にストーブが付いているってすごいですよね。

乾燥室の向かいに読書室がありまして、そこには数多くの山の写真集、雑誌、漫画があり、皆さんのびのびと読まれていました。今夜の寝床の相部屋は広く、寝具もきれいで温かそう。平日なので空いているのもあると思いますが、ラッキーでした。

赤岳鉱泉ホームページより読書室

赤岳鉱泉ホームページより読書室

お風呂が入れるまで時間がある一同は濡れたカラダを拭いて、食堂に集合してとりあえず一杯。この食堂が飴色に輝く気に囲まれて、広々して素晴らしい雰囲気。

雨を避けて小屋って素晴らしーといいつつ労をねぎらう。売店にはツマミ豊富。柿ピー、チップスターなどスナック有ります。夕食を考えて食べ過ぎないようにセーブ。

赤岳鉱泉ホームページより食堂

赤岳鉱泉ホームページより食堂

お風呂、あまりきれいでないのではと期待していなかったのですが、木の浴槽で冷えたカラダを温めて超スッキリ。お風呂に関してはコチラ。ホスピタリティの高い赤岳鉱泉4代目柳沢さんのインタビューへのリンクもあります。

コレは究極。赤岳鉱泉生ビール!

コレは究極。赤岳鉱泉生ビール!

今夜はステーキ!
コレが赤岳鉱泉の晩ご飯(赤ワインは自前)

そう。今夜はステーキ!生姜焼きの日もあるらしいけど、今夜はステーキ!それを知って、雨が降ってよかったと思いましたね(笑)

ステーキは超テンション上がる。

待ちに待ったステーキを赤ワインで流し込んじゃう(笑) テント泊で自炊もいいけど、気持ちよくお風呂に入っておいしいご飯が出てくるってイイ。最高です。

この日の献立はステーキ、ポトフ、サラスパ、スイカ、ご飯…山小屋なのに山小屋じゃないボリュームと味に大満足でした。

私が一番おいしかったと感じ、おかわりしまくったのはポトフ。大鍋で大量に煮込まれたせいか、とてもおいしい。ソーセージ、鶏肉、人参、じゃがいも、玉ねぎ…色々入って温まりました。

この豪華ディナー、予約をすればテント泊でも、一人2000円で夕食を頂けます。夕飯は17時~18時くらい?

食後も食堂で仲間と持ち寄った酒やつまみで飲み食い。いい小屋があるなら、テントにはできない小屋の呑みを満喫するべきと再確認。

赤岳鉱泉小屋泊でステーキ食べて、お風呂に入って9,000円

テント泊だとテン場代1000円、お風呂1000円、夕食2000円。その選択もアリですね。

呑みつつ明日の行程を確認。5時出発で硫黄岳ー横岳ー赤岳を巡って行者小屋へ降りるワクワクプラン。悪天候時は登らずに下山。星は出ていたなったので、晴れを願って幸せに就寝。いい山小屋で良い一日でした。

二日目夏の八ヶ岳1泊2日 硫黄岳-横岳-赤岳縦走 絶景の尾根歩きに続く

明日は硫黄岳から赤岳へ縦走!晴れろ!
by カエレバ

Follow me!

夏の八ヶ岳1泊2日硫黄岳-横岳-赤岳縦走① 赤岳鉱泉ステーキ” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です