ウッドストーブ実験「峠の釜めし」の益子焼で炊込みご飯に挑戦

なんとなく使えそうでお宅にもありませんか?横川駅の全国区駅弁、「峠の釜めし」の立派な陶器の容器…。あの益子焼の土鍋を使っての炊き込みご飯に挑戦したブログです。しかも、ガスではなく、ウッドストーブ₍裁断した枝です)

ほっかほか鶏釜めし

昨日、テレビで外国人を日本に招いて夢をかなえるみたいな番組内で、ポーランド人に炊き込みご飯を教える企画を見て、ワタシ、触発されました(笑)

テレビで紹介されていた、土鍋生産者であり、料理研究家の先生の本

ウッドストーブで初炊き込みご飯。

お外で炊飯は慣れているのですけど、炊込みご飯を炊いたことがないのに、峠の釜めしの容器で、熱源はマイブームのウッドストーブで挑戦しました。

ちょうどですね、ウッドストーブを使って、ソーセージ焼いて、ツクネを焼いて、次は炊飯かなと思っていたものですから…えいってやってしまったのです。

初めは炊飯だけのつもりで、峠の釜めしの容器がお米1合?かを検索したら、しょうゆ釜めしの作り方が駅弁の横川の釜めしに出ていたものですから、じゃ、釜めしで!となり、

お米を1合洗って、しょうゆ大さじ1弱、みりん小さじ1、酒小さじ1、水は調味料と合わせて180㏄。昆布2×3㎝

しょうゆだけだと寂しいよねと、冷蔵庫にあったしめじとニンジン、鶏肉も入れました(笑) 

立派な容器ですよね。具、入れすぎ??

初めは弱く、あっためて強火!っていうケド…

昨夜の番組で、土鍋は初め弱火で、土鍋を温めてから、強火。中が沸いてから火を弱火にして…といってたなぁ。

まだウッドストーブ慣れしていないので、スギの葉っぱと枝に着火するも、失敗。強火にしたくとも火がつきません(;^ω^) どうもしっかりと枝に切れ込みを入れたり、細い木に割らないとダメの様です₍学習能力が低い…) 自作延長煙突で対処!

先日開発した延長煙突でまずは火を大きく!

グツグツ沸いてきた!

勢いよく湯気があがる。煤で黒光り。

ぷーっと湯気が勢いよく出て米の炊けるいい匂い。鍋の加熱ムラをなくすために時々回して置きました。

火は入った。後はどのくらい弱火でいくか…

炭ができたので、煙突を外し、熱源に土鍋を近づける。中が沸いていることは振動でわかります。まだすこしグツグツ。あとはガスでいうなら弱火で10分くらいしたい。しかし、どのくらいの距離、強さがが弱火なのか…炊飯の経験からのカン。土鍋のもつ蓄熱効果が普段の炊飯の間隔とズレを生まなければいいのだけど…

燃料でもある薪で高さを調整。

グツグツが完全に消えて、蓋の隙間からの湯気も出ない。炭も穏やかになった。まだおこげの香りがしないので火からおろすのはやめて、このまま15分置いて終了と判断しました。

緊張の一瞬。

炊飯はいつも蓋を開ける前、緊張します。何しろすべて自分の判断ですから…

エイ!

ふわぁっ~立ち上がる湯気。

成功‼‼‼‼

炊き加減は80点。初めてのウッドストーブ炊飯としては素晴らしい炊き加減です!芯もなく、べちゃりともしていない。一粒づつがモチモチしてまして、昨夜の土鍋で炊いたご飯の説明とおんなじ!すばらし!

もうちょっと塩か醤油が欲しかったかな。具を随分足しましたからね(笑)

炊き加減減点分はですね、実は隠れおこげがソコにできていまして、はがれなかったからです。おこげのニオイに気が付かなかったです。薪なので、炭とも違って煙にキツイつんとするものが入るので、見落としたのかな…

薄味だけどオイシイ炊き込みご飯ができました。

おこげのはがし方

おこげが取れない状態の土鍋に味噌汁の残りを入れたら、うまく取れてカリカリ香ばしいやないか~!コレは今後も使えるテクです。激しくないおこげにはスープ投入がベストです。

次回に向けて

炊飯の経験で何となく土鍋でも、炊込みご飯でも大丈夫でした。ホッ。

おこげのニオイがわからなかったのは次回更に要注意ですね。

あとは炊き込みご飯としての味付け。具が増えたら味付けもちょっと変える必要がりますね。横川の釜めし₍駅弁₎はもう少しご飯の量が少ない。具が多かったのかもしれない。また1合炊きの横川の釜めしでトライして修行したいと思います。

カッコええ。ちょっとほしい

トキワ トキワアルミ釜めしセットposted with カエレバ楽天市場Amazon

Follow me!