登山中にケガ!鎖場だらけの両神山でピンチの応急処置

埼玉県の誇る百名山、両神山の絶壁鎖場を何とか超えての前半、ここからはランチタイム後で、怪我をしてしまいピンチに…

両神山で食事は東岳がベスト。

両神山はゴツゴツの岩山。なだらかに歩く山ではないですね。休憩箇所は限られたやまです。

東岳以降、山頂にテーブル、ベンチはなく、山頂自体が狭く、平らでくつろいで座れるスペースがありません。

両神山は百名山で標識、鎖の整備はされていますが、ベンチ、テーブルが東岳と八丁峠分岐の二卓しかないのはたぶん、ホントに急峻だからです。

ココがベストのお昼ポイント。眺めもイイ

土日は人が多いでしょう。気を付けないとごはんスペース難民になりそうです。

全てコンビニ材料でホットドック

フォカッチャホットドック
フォカッチャホットドック

簡単に、でも、肉が食べられるモノ→ホットドッグ。ソーセージはアルコールストーブでゆでるというか、少量の水で蒸してプリっぷり。

コンビニのコールスロー&胡麻ドレッシングを絡めてフォカッチャにソーセージとサンドして完成。

飲み物は冷製スープチックなトマトジュース。フォカッチャが意外と満腹感が強く、2/4個で満腹。

満腹感、栄養的にもバランスよく、今後も活躍が期待できるメニューになりました。

さて、最も大きいキレットの西岳、東岳を終えて、最後の両神山山頂がまた大変…ホント、たっぷり岩山が楽しめます。埼玉だからと馬鹿にできない、百名山です。

まだ?ガスの向こうに影がある

ガッツリ降りて、また登る…何度繰り返してきたか…それでも山頂が見えると思って、エイエイ登るのがたのしい。

ケガは突然。

ほぼ垂直な岩イワした壁を鎖、ホールドを確保して登る。高度感はかなりあり、高所恐怖症の方はヤバい。

降りるのもスリル満点。次の足場が見えず、岩にしがみつきながら、下の仲間の「すこし右に左足」とか、声を掛け合っての降下です。

岩肌はざらりとして滑らず、鎖、木の枝なども比較的しっかりしているので足場が滑ることはほとんどなかったのですが…ザラッ!

滑って突き指!

傾斜の右足に体重をかけたところ、ジャリで滑り、とっさに右手が出たところに木の枝!親指だけヒットし、激痛が走る。

痛ー!突き指?捻挫?これは折れてはいないと即座にわかったが、鎖場がヤバいと直感。

枝さえなければ…なんてことないコケだったのに。不運。まあ、ケガなんてそんなもの。

患部を冷やしたいが、湿布等は無い

ツーンとした痛みがあるけど、激痛ではない。やっちゃったカモと仲間に告げる。

マズイことに、進むも戻るも鎖場が連続するクライマックスゾーンでした。

気化熱利用のクールタオルで冷やす。

突指は固定して冷やすのか?テーピングはあるが、湿布はない。

首にかけていたクールタオル、これしかない。気化熱を利用した冷却タオルを振り回して冷却。

意外と効いて良かった。痛めた右手をグローブの上からクールタオルで巻いて再スタート。

とにかく動かさないのが怪我の鉄則。

突指した親指以外の四本の指は使える。手のひらで岩を支えて降りるのは親指の付け根がイタイけど、ゲンコツなら支えられる。

ボクサーのコブシ保護の要領で手ぬぐいを巻き、親指はクールタオルを巻いて対応。なんとか両神山登頂。

両神山山頂

両神山山頂
両神山山頂

山頂は狭く、我々以外に3組6名ほど。情報通り、眺望は東岳の方が山頂回りに木々がなくイイ。

百名山の割りに質素な看板が印象的。ここからの帰り路、ケガした手で大丈夫か?集合写真を撮ってもらって東岳へ戻る。

食事をした東岳のベンチへ戻り、二度目の応急処置。この後も鎖場が続き、片手だけで鎖を掴むのは心配。

先月も落下事故で亡くなったとか、すれ違う人に聞いてビビる。ホント、死んじゃう高さなのです。

多少は突指した右手でも掴めるように、テーピングで突き指した親指と人差し指と固定し、4指で掴む。

仲間からもらった氷水ペットボトルが冷たくて気持ちよかった。有り難かったなぁ。

こういうアイテムがサッと出てくるのはホントにありがたい。ひとりだと、途方に暮れたかも。応急処置グッズ、見直しだなぁ。仲間に感謝です。

親指の突き指応急処置

けが人にも容赦ない断崖の鎖場。右手が使えない恐怖心で最初の一本は緊張。

食後の鎖場
マジ必死の降下中

親指だったのが良かった。次第に鎖の持ち方でケガした右手でも使える持ち方が見つかったのはホッとしました。

しかし、右手をかばう、バランスを欠いた歩き方、激しい岩場のアップダウンは容赦なく続き、しんどかったです。特に八丁峠からの下りが長く感じました。

予想外の暑さ。水がたらない

あと、熱くって水が足らなくなりました。コレは恥ずかしい誤算。気温が高く、水がぬるくなって余計に消費した。

普段なら500㏄4本で足りるのに、2.5ℓにトマトジュース二本でも足らなかった。凍らせたペットボトル一本で保冷できると思っていたのが早い時間で溶けて、失敗。タオルなどでの保温が足らなかった。

残りの水が1リットルを切るくらいから節水して飲んではいて、東岳の時点で残り400㏄くらいで、幸い、応急処置の時に凍らせた700㏄をもらうことができたので助かりました。

足らなかったモノ

テーピングは持ってたけど…冷やす物が無かった。パーティーなら湿布だろうけど、ソロならタイガーバームの様な薬がコンパクトで良いかも。

凍らしたペットボトル、飲料水、冷却という面でも役立つ。雨具や着換えで包んでおけば良い事。

昔、街中で捻挫してマツキヨで相談して買ったエアーサロンパスみたいのがものすごく効いて助かったなぁ。ああいうのもいいかも。

役に立ったのが冷却タオル。首に巻いていたのをケガした手に巻いて冷やしたのは良かったと思う。

でもね、いい山だったですよ。両神山は~

しばらくはいいかな(笑) 登るなら紅葉の時期がイイ。

Follow me!