低温に強い分離型ストーブの超軽量モデルはどれ?

今回の個人輸入ターゲットは分離型ガスストーブ‼

最軽量のバーナー、ガス缶の上に直付け一体型は不安定で調理しにくく、寒冷地で弱い。

そういう事で、湯沸しの量も増える複数人のパーティ登山、寒い場所では分離式をわたしは選びます。

しかし、一体型と比べて部品数が多く、重い。軽いのはないのかと探しました。

分離式ベストセラーはIwataniで274g

一般的にバーナーとガスが分離しているタイプは300gを超えるモデルが多いですね。その中でも軽量で人気があるのがイワタニでしょうか。カセットボンベCB缶も使える低コストも魅力ですね。

大ベストセラーは274gイワタニ カセットガスジュニアコンパクトバーナー(1台)posted with カエレバ楽天市場Amazon

ちなみに私が今、持っている分離型はコチラ→高火力低価格トリプルヘッドのBULIN。冬山で鍋焼きうどんのために入手。298gで、火力と使い勝手は申し分ないのですが、もうちょっと軽いのが欲しいのです。

98g⁈ 中華バーナーfiremapleは強気

分離型バーナーのおすすめランキングは多数ありますが、重さより、利便性でのランキングばかりで困ります。そもそも軽くないってことなのかもしれませんね(笑)

そこで、世界に広く検索。英語で(分離型バーナー ウルトラライト)で検索。中国のファイヤーメープル117が98gという激軽モデルを発見。しかし、不具合事例も検索にヒット。当然国内販売には必須のPSLPGマークはないでしょう。

マジ軽い!軽いが使える、それなりのモノなどのレビューが並ぶ中、炎上報告も。中華系のバーナーはこういうモノでしょう。しかし、Amazonも楽天の日本語サイトには現在在庫が無く、中古が高い。

117Tというバージョンが米国ebayに98gこの177の改良品が中国aliexpressにあり135g。どちらも7,000円を超え、中華バーナーにしては高いと感じる。うむむ。強気だなぁ。

老舗プリムスの個人輸入もアリか…

高火力低価格トリプルヘッドのBULINで中華バーナーは安くて使えるという印象ではありますが、ソコソコの値段なら、実績とカッコよさから195gのコレ↓を個人輸入したいかな。

PRIMUS(プリムス) エクスプレススパイダーストーブII P-136S(1コ入)posted with カエレバ楽天市場Amazon

お値段的にも素直に国内で買っても、これなら出していいかな。

プリムスなら壊れない、ずっと使えそうという信頼がワタシにはある。この信用は中華バーナーにはないですね。

「液だし」可能。ガス缶をさかさまに⁈

プリムスに続いて、バーナー類の老舗、オプティマスのベガもカッコいい。そして、ちらほら書き込みがある「液だし」という単語。ガス缶を上下さかさまにして、寒さに強く、最後までガスを使いきれさらなる火力アップが見込めるという。激しい裏技ですね。

構造的にできる機種が限られ、缶からバーナーまでの間に、ヒートパイプがバーナーの回りを通るタイプに限られる。燃焼前に炎の熱でヒートパイプのガス気化を促すという。液だしの燃焼方式は国内製品では認可が下りていない裏技らしい。なんかおっかないなぁ。

中華バーナー98g/135gを米国、中国に追うが、値段が高い。スウェーデンの老舗も視野に入ったところで、英国サイトのガスバーナー情報を探る。

発見!124g 英国発の中国産 

イギリスのアウトドア情報サイトmyoutdoors.co.uk にて発見。Alpict Koro mountaineering stove 124g

myoutdoorsホームページより

Koro titanium gas canister stove 

英国ノッティンガムに拠点を置くアルピクト社のKoroは軽量の賢明な価格の中国製の分離式ガス缶ストーブ。高度な研究に基づき、チタンで構成されたKoroは氷点下であっても安定し、信頼あるバーナーである。

The Alpkit Koro is a lightweight remote canister gas stove at a sensible price made in China for the Nottingham based company. Based on high altitude research and constructed using titanium it provides a stable and reliable burner at temperatures well below zero. イギリスのアウトドア情報サイトmyoutdoors.co.ukより転載

英訳はワタシによるものなので、参考程度にしてください。

どこかで見たな…ズバリfiremapleだ。 この177の改良品135gと似てるね。サイズと重さが微妙に違うけど、中国製とあるから…そういうことでしょう。重さ124gで見た目も良さげで逆さの液だしもできる??

ALPICTはイギリスのアウトドア総合メーカー

衣類、テント、ザック、バーナー類から自転車まで手掛けているイギリスの総合メーカーの様です。自転車まで出してるっていうのがスゴイ。日本のモンベルみたいなもの??今まで海外サイトの商品おススメを見て来たけど、ワタシ、知りませんでした。比較的良心的で安いアイテムが多いとか。ホームページ見ていると、自転車のタイヤをタープの骨格にしてシェルターにする商品があって面白い。

イギリスより124gのバーナーとゲイターをお取り寄せ。

バーナーはOEMかもしれないけど、イギリスのメーカーなら何かあっても英語でやり取りができ、中国メーカーとやり取りするよりは安心。そして、お値段がファイヤーメープルより安いんです。 PSLPGマークは不明だけど、Alpict koro 124g分離型ストーブを個人輸入決定。

ついでにショートのゲイターも軽く、安いんで購入。送料$8.4も良心的。7,000円ほど。到着が楽しみ。

とにかく軽く!25gの中華ストーブも使っています。

Follow me!