半自立式taga2はストックで自立。コレ、パクリ⁈

表題のテントはネイチャーハイクのタガ-2、二人用のシングルウオールテントで1.2㎏強、お値段14,000円弱。ネイチャーハイクは誰もが怪しむ中華アウトドアメーカーの 雄と言っていいでしょう。

ネイチャーハイクタガ-2
自立するように見えて自立しないタガ-2

ご覧の通り、ホームページの画像をみると一見自立しているようですが、ペグダウンしないと自立しないんです。Amazon商品レビューにも何件か非自立式であったのを見落としたと出ていますね。₍タガ-2の私のレビューブログはコチラ₎

まあ、構造を考えれば大地に固定しなければこのポールで立つ訳がないのです。

実はコレに似た構造を持つテントを海外サイトで見たのですね。コレなんです。以下3画像はすべてtarptentホームページより

送料が高くて断念した Double Rainbow

で、このDouble Rainbowはストックを使って自立ができるとあった。

短辺のエンドのストックに注目‼
ストック140㎝以上で自立可能とあった。

コレは…似すぎ。タガ-2でもできる?実験開始!

フレームザックとnaturehike taga2
6点でペグ打ちして自立状態のnaturehike taga2

という事で実験しました。ふつうにペグダウンして設営したtaga2で、翌朝自立式に変える実験。

ストックあります?140cmって、長いよ

グラウンドシートと本体をストックのエンドに刺し…

伸縮式のMAX130㎝くらいまで伸びるカーボンストックでMAXラインを超えて…ギリギリ左右突っ張らせて固定すると…↓

フライと本体の間に通すほうが良い

反対側も同様にして…

タガ-2 ストックで自立成功!

立ってます!

立ちました!ゆらーっとする、ちょっと頼りない自立ですけど(笑)、前室、後室の二ヶ所のペグなり、重しで姿勢は保てることが判明。それって自立とは言わない?

いや、ペグが使いにくいテン場では設営方法のひとつとして無駄ではない…ハズ。結局、最終的にストックの全長が何㎝だったのか、記録しませんでした。ごめんなさい。公称値130㎝のストックで足りたことは間違いありません。このストックの長さが意外と足らないかも。

自立後は移動が簡単にできるけど、地面の平面性が大事。

簡単に移動できるが、地面が平らでないと倒れやすい

自立はするけど、大地の平面性、ポールの収まりが悪いと傾きます(笑) 本体とフライ、ポールを受ける紐の長さ調節で良くなるかもしれないなと画像をみて思いました。

朝日の当たる場所に移動して寝るのも良し

ややトリッキーではありますけど、楽しい実験です。というか、ネイチャーハイク、これはパクってる?サイズ、重さ、スペックが近いですよね…

値段は半分以下なので、ワタシはネイチャーハイク推しですけど。

そもそも、ポールの構造はそれほど選択肢がない。なので、結果としてよく似たモノになっただけでしょう。きっと。

Follow me!

半自立式taga2はストックで自立。コレ、パクリ⁈” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。