世界最軽量シュラフにインナーシュラフ&ビビイで何度まで耐える?

下界が温かいとお山の朝晩の冷え込みを忘れてしまいそう…

3月中旬、西丹沢の避難小屋でちょっとした実験体験。軽量目線の寝具、防寒具がどの程度効くのか。

世界最軽量の夏用シュラフcumlus masic125にcocoonリップストップシルクライナー(インナーシュラフ)、透湿性のある中華ビビイ、ダウンの上下、ツエルト、レインウエアと1枚ずつ重ねてどのくらい違うのか、思いがけず気温が下がり、必要に迫られた防寒体験です。

畦ヶ丸避難小屋暖炉
暖炉はあるが…

3月12日。自宅からこの小屋、西丹沢畦ヶ丸避難小屋までの直線距離は25㎞。前の日が上着要らずで汗ばむ20度近かったこともあり、それほど寒くはないでしょうと予想。

今回の一泊は西丹沢の避難小屋。夏の縦走を想定して、最軽量のテント泊装備にZウレタンマットとまだ寒いカナという準備での登山。避難小屋は老朽化のために改築予定₍予定期間内₎でしたが、使用できると聞いての宿泊。トイレ、暖炉もありますが、取り壊し予定なので、使用せず。

ウエア

衣類は化繊の速乾Tシャツに速乾長袖を重ね、ドライの下着にワークマントレッキングパンツ。レインウエアはモンベル軽量のバーサライト上下にダウンジャケット、ダウンパンツ₍めちゃ寒い時用) オマケに軽いカシミアのストール。

寝具

寝具は世界最軽量夏用シュラフ245g₍使用下限温度10℃₎と、+5.3度の防寒性能を誇るというコクーンのインナーシュラフ、エクスペディションライナーに御守りの中華透湿ビビイ、緊急用ツエルト、ウレタンの中華ノンブランドZ型断熱マット、ハーフサイズにカットした1000円270g×1/2のエアマットをもっての登山でした。

青以外の3つを今回携帯
黒がコクーンエクスペディションライナー
モスグリーンが夏用シュラフcumlus125
オレンジが中華透湿ビビイ
根性系ウルトラライト ツエルト
270gエアマットとツエルト

エアマットは真ん中でわかれており、半分空気が抜けてくるようになったのでダメな方をカットし、ハーフサイズでの初運用。かなり使い倒しています。

想定外に寒い 予想最悪5℃→実際2℃

ウレタンマットに半身のエアマット。R値なんて表記無しの中華モノ。エアマットは6㎝の厚みがあるので℟値は1、ウレタンマットで1として合計2くらいでしょうか。ダウンジャケットを着て、限界下限温度10度の夏用シュラフだけではムリと判断し、+5.3度のインナーシュラフを中に重ねて、スペック的には5度までは引き上げたのですが…まだ寒い!

残る防寒具はレインウエア、透湿ビビイ、ダウンパンツ、ツエルト、カシミアのストール

透湿ビビイ

インナーシュラフ+夏用シュラフでオレンジの透湿ビビイに入ってみる…まだ寒い。不思議と2分くらいで寒さがマシになります。ビビイ内の空気が温まり、銀色のアルミ蒸着が熱を反射するためでしょうか??カラダの上側は寒さは感じなくなりました。

寒さがジワジワ地面側から…

いくつもの空気の層が断熱を生むわけですが、背中側は自分の体重ですべてがペッタンコですから、透湿ビビイのアルミ蒸着も意味がないのですね。カラダをもって体感。床にビビイおいて触っても冷たいのは当たり前。

透湿ビビイ
透湿ビビイ

カシミアのストール

ひざ掛けとしてキャンプでは持っていくアイテムのひとつ。バーバリーの茶色のチェック柄もどきで、どこかのリサイクルショップで200円くらいで買ったモノ。何気にカシミアなので軽くて暖かい。ユニクロのマフラーに交じって売っていましたから、カシミアって知らないで売っていたんでしょうね。カシミアは使った人はご存じかと思いますが、実に温かいです。高級すぎるのでアウトドアでつかう目的に使われていません(たぶん)かけ布団のように掛けたらかけたところだけ暖かい。背中側にひいても細かな繊維の弾力のお陰で断熱効果が高いのです。だいぶ、寒さ改善が行われて来ました。寒くはないカナ…くらいのレベルまで改善。

カシミアのウールは実は屋外でこそ生きるのかもしれない。

ダウンパンツ

ついで的にまくら代わりに持ってきておいたのが良かった。中華大好き、安いネイチャーハイクのダウンパンツ。でも、履いたらポッカポカ。下半身はダウンパンツであったかく、カシミアで上半身をくるんで温かく眠れる環境に。

Amazonより

Amazonのレビューには膨らまない粗悪品などとあるが、私のはちゃんとモコモコして軽く、温かい。しっかりと天然ダウンが入っているのでオシリ側も寒くない。250gではあるけど、効果は非常に高く安心できました。履いて動けるから、風が強い稜線を歩くときには効きそう。

夏用シュラフで無茶して解った防寒対策。

地面からの熱を遮るのが一番難しいという事。ビバーク実験の時もそうだった。想定して大丈夫と思える寒さ対策を超える寒さに直面した時、マジでヤバいことになると思うと、ダウンパンツ、カシミアのストールは余裕をもって持っていく選択肢にランクインです。

ビビイはホントにビバークで風雨から身を守ることはできても寝るときには掛シーツみたいなもので、冷たいモノに接するときには断熱効果なしと思った方がいい。ツエルトも同様かな。

冷たいモノと自分の体の間をいかに断熱するのか、シンプルにシンプルに身に染みてきました。サーマレストに代表される形状の波型のウレタンマットがエアマットが増えて来ても、いまだに評価が高いのはウレタンのポコポコとした凹みに空気層ができて断熱効果が高まるのだろうなと予想するに至りました。安物はカラダとマットがペタッと接して、寒くなるのだろう。寝心地ではなく、断熱のための凸凹なんだなと学んだ夜でした。

あと、夏用シュラフは…夏用だね(笑)

今回の2度に段階的に対応実験できたのは収穫。インナーシュラフ、ビビイ、カシミアは確かに効果高いことが分かりました。

Follow me!

世界最軽量シュラフにインナーシュラフ&ビビイで何度まで耐える?” に対して3件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。