世界最軽量 分離型ストーブはFire-Maple社わずか98g

98g 驚異的な軽さの分離型ガスストーブ

117T_01
aliexpress firemaple official storeより

分離型ストーブ探しで見つけた中華メーカーFire-MapleのFMS-117T。チタン製で98g衝撃的な数値。このモデルが世界最軽量なのかを確かめたくて、メーカーに問い合わせをいたしました。

しかし買えなかった…Fire-MapleのFMS-117T

020年9月上旬、Fire-MapleのFMS-117Tが欲しくてAmazon、eBay、aliexpress…すべて「現在ご利用できません」だった。そこで、姿のみならずスペックもよく似た英国ALPKIT karo124gを購入したのに…ブログ作成で調べていたら

aliexpressで販売再開

モバイルバッテリーの充電に購入した携帯ソーラパネルをいくらで買ったっけ?と中華製品の総合ショッピングサイトaliexpressを見たときに、前回の検索した商品が表示され、Fire-Mapleがバンバンバン。ふつうに購入できる状態に変わったことを知りました。Amazonでも再開されるかも↓チェックしてみてください。

ガスストーブはもう間に合ってはいるのですが、気になる。気になるFire-MapleFMS-117T。なんで今になって再開してんのよ(-“-) 

Aliexpressには多数のFire-MapleFMS-117Tの取り扱い店舗があるが、何気にfire-maple officalのお店もある↓

こちらがFire-Maple offical store

Aliexpressの日本語化は最下部

ちなみに日本語ページがありました。Aliexpressのページ右上のlangageタブにJapaneseはないのですが、非常にわかりにくいページ最下部にAliexpress multi language siteがあり、ソコにjapaneseがある。こんなの誰も気が付かないよ(笑)

Fire-Maple日本もあった fire-maple.jp

そして、Fire-Maple JPまであるやないか。いつの間に…というのがワタシの感想だけど、newsの一番古い期日が2017年9月なので、存在はしていた模様。中華サイトから買い物を始めるからこういうことになる(笑) しかし、初めから日本語で最軽量××で検索しても検索エンジンの影響で大手メジャー商品に検索上位を塗りつぶされるので致し方ない…

で、ファイヤーメープル日本サイトProductに FMS-117T はあるのかというと…ナイ。ヒートエクスチェンジャー付きのクッカーとか、他の商品は一部ではあるが、あるのに、ストーブで掲載されているのは下のFMS-F5のみ。ちなみに掲載商品はAmazonへのリンクが張られている。

Fire-Maple.jpに世界最軽量か直接聞いてみた

Contactから質問ができたので、直で質問してみた。

  • 日本サイトにからFMS-117Tは購入できないのか?
  • FMS-117Tは世界最軽量の分離型ストーブでいいのか?
  • FMS-117TはPSLPGに対応しているのか?

質問3のPSLPGとは、日本国内で販売するのに必要なコンロなどの通産省の規格。このPSLPGマークがついていないストーブは販売すると罰せられる…というもの。ちなみに私は個人輸入でPSLPGマークの無い怪しげなストーブをいくつも自己責任で使用してきました。

すぐに日本語で丁寧な返事をいただきました。

FMS-117Tは世界最軽量ですか?

FMS-117Tは世界最軽量の分離型のCE規格適合品ストーブとして誕生いたしました。なお中国にはコピーブランドが無数にあり、常にFire-Mapleの製品はコピーされているため、現在のところは正確に把握できておりません。

おお!世界最軽量で開発!やはりそうでしたか。CE規格と聞き安心。世界最軽量とCE規格をもっとアピールしていいのではないかなぁ。

FMS-117Tの国内販売の予定は?

日本でのガスストーブの販売は予定されていた法改正の遅れにより現在未定となっております。したがってFMS-117Tの販売計画も未定となっております。

法改正の遅れ?いずれは改正されるの?日本発売計画はあったようですね。その証が日本サイトなのかなと思います。

FMS-117TはPSLPGに対応?

FMS-117T はJIA認証を受けておりませんので万一国内で事故が発生した場合、一切のサポートを得ることができません。

PSLPGとJIA認証が同等なのかは調べておりませんが、国内事故でサポートが得られないのは同じですね。

いくつか新たに得られた情報があります。

FMS-117TはPSLPGに非対応ではあるが、CE規格適合世界最軽量の分離型だという事。

Wikipediaより

CE規格とはこのマーク。よく目にしますよね。 CE規格=EUの法律で定められた安全性能基準は満たしている。日本のPSLPG規格とCE規格がどういう違いがあるかはここで検証しませんが、 FMS-117Tは欧州EU圏内での統一安全規格に合格しているとなると安心できますね。

一方で、 なお中国にはコピーブランドが無数にあり、常にFire-Mapleの製品はコピーされているため、現在のところは正確に把握できておりません  

この常にコピーされていて…というのがコワイですね。aliexpressオフィシャルサイトからの買い物が唯一の自衛策という事でしょう。Fire-Mapleは日本サイトもできて、日本でも売りたい姿勢を感じます。そこで言いたい!aliexpressのオフィシャルサイトのコレはちょっと直したほうが良いんじゃない?

火災メープルって…(;^ω^)

Fire-Mapleが自動的に訳されて火災メープルってなってしまうのは何となくわかるけど、モノがモノだけにシャレにならないヨ。

それでも欲しい…欲しいぞ!実際に使いやすくて満足の124gのalpkit karoが手元にあるけど、無駄に欲しい。たぶんOEMでFire-Mapleが作っているのだろう。どう見ても同じです(笑) 

ALPKIT karo
私のALPKIT karo

コチラがFire-Maple FMS-117T

117T_03

Follow me!

世界最軽量 分離型ストーブはFire-Maple社わずか98g” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。