フタと缶詰がスマートに調理できるSOTOマイクロリフター

調理時にクッカーが熱くて持てないので、軍手を使用する人も多いと思うのですが、便利で軽量な「鍋つかみ」を見つけました。バーナー類のトップブランドSOTOのマイクロリフターです。

メスティン、クッカーのフタをフライパン的に使いたい

きっかけはメスティンのフタ。万能的に使い勝手が良いメスティン。蓋をフライパン的に使えたら、更に便利だなと思ったのです。軍手で掴むと熱いので、使いにくいんですね。自作の取っ手も考えましたけど、結局重く、かさばるなら軍手でイイとなる。軍手の重さは50-60gほどが一般的。そこで、軽量な鍋つかみを探し、最軽量好きの私はワタシ調べで最軽量の13gのSOTOマイクロリフターを注文したのでした。

セットのリフター(鍋つかみ)の単体販売

SOTOホームページより

もともとはこちらのクッカーコンボ専用で設計された鍋つかみ。取っ手をなくしたことで無駄なく重ねて軽量コンパクトなクッカーコンボ。重ねて保温機能はマジすごい。これ欲しいわ…おっと、何を紹介するブログなのか間違えるところです。

SOTOホームページより

13g SOTOマイクロリフター 1,375円

海外サイトの鍋つかみも検索かけたのですが、ここまで小さい、軽いモノは見つけることができませんでしたので、久々にメジャーなAmazonjpよりお取り寄せ。すぐに届くのは流石に便利だなぁ。海外サイトだとこうはいかない。

100均のパウンドケーキの型と固形燃料で炊飯できるのか実験中、缶詰を隣で直火でマイクロリフターの出番です!

SOTOマイクロリフターを使用してみた感想

手っ取り早く温かいモノを食べられる缶詰めの直火。このワイルドな加熱法はメーカー公認ではないのだけど…、お皿がいらないので、ついついヤル。ホントは湯煎がいちばんなのですが…

直火でグツグツ缶詰は突発的な沸騰がキケン

缶詰のフチをしっかり噛む!ぐらつかず、安心確実!

缶詰のフチの出っ張りにしっかり噛む

非常によくあるサイズの200g足らずの缶詰。サバの味噌煮缶詰など、よく見るサイズですが、直火にかけますと素手で火からおろすのはまず無理。SOTOマイクロリフターならカプッと片手で御覧の通り。左右に振ってもガタツキなし。引っかかるのは缶切りで引っ掛けるアノでっぱり(缶切り不要の近年缶詰世代にはわからない??)更にSOTOのクッカーのカーブと缶詰のフチのカーブが近いのでしょう。完璧すぎる使用感。缶詰専用ではないかと思えるほどフィット。

一方で、

メスティンのフタには使えるけど使いにくい

うん。残念だけど、結論からいうとメスティンのフタをフライパンのように使うにはちょっと使いにくい薄く、つかむ高さがあるのでフタとマイクロリフターがへの字にアッパーになって不安定。使えなくはないんですけどね…食材をのせて炒めるには少々リスクを伴います。マイクロではなく、一般的な鍋つかみ、リフターがよさそうです。

一般的なクッカーのフタはしっかり持てる→フライパン化できる!

直火ランチョンミート&コンビニサラダ&マヨ
マイクロリフターでフタのお皿に加えてフライパンとしても使える

メスティンのフタにはあまりフィットしませんが、一般的なクッカーのフタにはピタリ噛み合います。

先日の西丹沢では 丸クッカーのフタはお皿として、湯沸かし時のフタとしての使い方でした。ランチョンミートを炒める時は7-8㎝の深さの丸クッカーで炒めましたけど、このフタをマイクロリフターがあれば、フタがフライパンとして活用できる。エンドが丸く加工されているクッカーのフタはマイクロリフターに向いていて、しっかり噛みます。

缶詰は突発的な沸騰によるヤケドが怖くない

缶詰って火にかけると突然ボコッ‼て沸いてびっくりする事がシバシバ。けっこうな飛び跳ねを伴う事もあり、それが軍手に着くと、猛烈に熱い汁が軍手の保水力で皮膚へ継続的に襲い掛かるので皮肉にも素手よりも危険なことになるのです。

そもそも缶詰には「直火にかけないでください」と注意書きがある(内面のコーティングが溶ける可能性アリ)。なので、自己責任でお願いしますね。 

缶詰の正しい温め方 湯煎でも使いやすい

缶詰メーカーは直火ではなく湯煎してくださいという。そんなときもマイクロリフターは便利。軍手だと小柄なクッカーにドボンで火傷しそうですからね。静かに確実に熱湯の中の缶詰を出し入れできる。

軍手よりも安全で快適。

23g 普通サイズのチタン製 VARGO 2,990円

Amazonより

SOTOのマイクロリフターがソロクッカーにピッタリだと思うのですが、500㏄を超える湯沸かしには不安を覚えます。もう少し大きくてしっかりと使えて軽いモノはコレ!

バーゴ チタニウム ポットリフターT-419は普通サイズの鍋つかみでありながら23gと超軽量。持っているクッカーと用途次第ではSOTOのマイクロリフターより便利でしょう。

まとめ

調理器具にも取っ手を脱着して、重ねて省スペースクッキングシステム、行平鍋にやっとこなど、昔からある取っ手は別システム。SOTOの サーモスタッドクッカーコンボは保温効果まで兼ね備えさせることができるのも取っ手脱着が肝。

このクッカーコンボは収納の無駄の無さと保温という機能を美しくまとめていて、素晴らしい商品だと思う。それぞれの器に蓋を用意して実用性も素晴らしい。日本の世界に誇れる機能美だ。

初めからクッカーをそろえるならこのクッカーコンボを迷わずに選ぶところですが、マイクロリフターはすでにあるクッカーのフタがフライパンとして活用できるのが素晴らしい。13gでフライパン追加できるという事です。

アルミ製のクッカーのフタ、コゲつきやすいのはフッ素加工とかできないかな?そうしたら正にフライパンですよ(笑)

このリフターと、重ねて収納できるクッカーの組み合わせは1グラムを削る軽量化と省スペース利便性を同時に進めることができるアイテムで、リフターは面白い道具だなと思いました。また、SOTOマイクロリフターはSOTOがセットモノからの切り出し販売をしてくれたことがありがたい。オリジナルのアウトドア調理システムを構築する楽しさに一役買うことは間違いないです。

Follow me!