🐇high tail designsはファニーパックだけじゃない

アメリカガレージブランドのHigh tail designs 

アメリカには多くのガレージブランドがありますが、このhigh tail designsもそのひとつ。まだまだマイナーですが、爆発の予感。

キャップ、ファニーパック、左下はネックゲイター、右下がサコッシュ

デザイン統一感があってよいでしょ?

ウルトラライトは好きですけど、ストイックすぎたり、地味だったり…。ハイテールデザインズは、シンプルながら、ポップで派手過ぎず、私のツボ。国内のセレクトショップにも取り扱いがありましたが、取扱商品はほんの数点。本国サイトにはさらなる国内未発売の商品が多く、思い切って送料と関税を払って取り寄せてみました。

ロングトレイルに向けたウルトラライトギア

high tail designs が生まれたのはアメリカ東部。ダイナミックに説明しますと、ボストン東からフロリダ方面へ伸びるアメリカ大陸東を南北に走るアパラチア山脈を踏破する3500キロの自然遊歩道、ロングディスタンストレイルに向けてギアを開発しているというベースが商品から感じられます。ブランド設立ウンチクは後程。

ANST-Triangle-Logo 1.jpg

日本未発売を中心に今回取り寄せたいくつかの商品の感想を記しておきます。

絶妙なサイズ感のファニーパック

ファニーパック

サコッシュの次のムーブメントがファニーパックらしく、ハイテールデザインがアメリカガレージブランド界で脚光を浴びたのがこのファニーパック。

コレってウエストポーチ?と思ったら、どうやらハズレではないらしく、最近デザインされた、オナカではなくオシリ側、ヒップの上ポーチをファニーパックというようで、肩から斜めにかけても様になる2WAYアイテム。ハイテールのコレは何といってもこのアボガド柄にひとめぼれ。軽いだけならたくさん選択肢があるわけですが、このデザインはナイ。ひとめ見て♡な時点でポチリました。

デザインが豊富。ツートンカラーはまだほかにも組み合わせがあり、選び甲斐があります。プレゼントにもいいサイズですよね。

上品なオトナの雰囲気の水彩画柄もハイテールデザインのもう一つの魅力。シンプルな構造でデザインはダイニーマに昇華式で描く。ネックゲイターにも同じ水彩画シリーズがあるのでオシャレに一味違うアウトドアコーディネートができそうです。

ファニーパックの使用感

ダイニーマで多少ゴワツク感じはありますが、つけ心地は良好。そもそもそんなにたくさんモノを入れるならウエストポーチ、チェストポーチにすべきで、サコッシュでは入らないという、容量をわきまえたサイズ感がとてもいいです。スマホと財布、ハンドタオルに300㎖ペットくらいで身軽にという使い方が粋。普段使いにもイイですよ。

薄いが、勝手のいいウルトラライトサコッシュ

サコッシュ

ダイニーマで作られたマチのない薄いサコッシュ。フロントには防水ジッパーで、スマホなど、濡らしたくないモノに最適。背面側にはスナップポケットがあり、ハイテールデザイン社は「キャッチオール」と呼び、自慢げ。サングラスにいいといいますが、あまり厚みはありませんので、なんでも入るというのは言い過ぎ(笑) しかし、このキャッチオール、地図の収まりが抜群なのです。

「山と高原地図」マップケースにベストなサコッシュ

実際の山行をイメージしてサコッシュに地図、コンパス、スマホ、財布を入れてみた。スマホと財布はフロントの防水ジップに収まり、背中側のスナップポケットは地図を入れるのに最適と判明。畳まれた「山と高原地図」が縦でちょうど収まり、ポケットに蓋もないのでサッと出し入れできるのです。

地図はサコッシュの長さとほぼ一緒なので出っ張ることはない。2冊を並べて入れる事ができるので、自分が歩いている範囲を見開きにいて畳んで入れる事も出来る↓

背面ポケットが地図に便利

地図はスマホアプリという人が多いとは思うが、このサコッシュに上の写真のようにエアリア地図で行程を見開きでポケットに入れると、一瞬で現在地周辺を把握できてスマホで地図データを見るより快適。

4種のサコッシュがある

個人的なことかもしれませんが、近年、スマホのYAMAP等のナビが優秀すぎて、街中をGoogleマップで歩くのと変わらないように歩けてしまう。せっかく山まで来ているのに、スマホの言いなりでは充実感も軽減で、もったいない。スマホは防水ジップに入れて、困ったときにサッと使えるように電池を温存。サッと地図の見開きをサコッシュから即時確認できると、目の前の分岐だけでなく、向かいの尾根、川の名前、小屋の場所も自然と理解ができる。このハイテールデザインのウルトラライトサコッシュは私の考える地図とスマホの使い分けに完璧に答えてくれるアイテムです。

created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
Â¥5,070 (2021/01/24 13:15:45時点 Amazon調べ-詳細)

意外にもJapanがインスピレーション源

ウルトラライトサコッシュの説明文の最後に…

A convergence of Japanese street wear and hiking culture, our Ultralight Sacoche melds equal parts fashion and function when it comes to taking your stuff wherever you go.  

日本のストリートウエアとハイキング文化を融合させた私たちのウルトラライトサコッシュは、どこにでも持ち運べるファッションと機能を融合させています。  

意外にも私たち日本がこのサコッシュ制作にインスピレーションを与えていたとは驚き。それゆえに私の心に響いた? また、山と高原地図がピッタリなのはこの地図が日本登山の定番だから?high tail designsと日本の関係が気になるところ。アニメファンか?

サコッシュの上はネックゲイター

次回ネックゲイター、ストラップ、キャップについて記します。

Follow me!