ウルトラライト系ギア

ゴトクの要らないアルコールストーブ=ホワイトボックスのススメ

ホワイトボックスはアメリカのガレージブランドによる、手作りアルコールストーブ。最大の特徴はゴトクが要らない、横から炎が出るサイドバーン方式。風防込みで59g、多くのソロクッカーに収まるのが強みです。

このブログを読んでわかること

white box 2pcパック

ガスストーブと比較した一般的アルコールストーブのメリット、デメリットを踏まえ、ホワイトボックスの特徴、できることが実例を伴ってわかります。最軽量重視の方は、クッカーとストーブ、風防、燃料を合わせての総重量を踏まえての実践的判断材料を知ることができます。

アルコールストーブって何?

ふつう、キャンプや登山でお湯を沸かしたり、調理をするのにはガスを燃料とするガスストーブを使用します。アルコールストーブはその名の通り、アルコールを燃料とし、液体のアルコールをボトルに入れて適量を都度アルコールストーブに入れて点火します。

アルコールストーブ、ホワイトボックスで炊飯

お鍋の下から火を出しているモノです。ガスストーブと違い、カセットボンベに代表されるガス缶を必要としません。ドラッグストアで売っている燃料用アルコールを注いで使います。世界的に、アルコールストーブといえばトランギア。

ストームクッカープテチゲ
アルコールストーブのシステムとしてダントツの完成度のストームクッカー。この日はプデチゲにしました

その浸透度はウォシュレット、ポラロイド並みです。トランギアの本国インスタは、国内アウトドアメーカーのそれと違ってカッコいいです。よかったらご覧ください

一般的、軽量コンパクトのストーブはガス

BRSマイクロストーブ
ガス缶に直結し、クッカーを載せる

専用ガス缶の上にバーナーヘッドを取り付けるタイプ。コンパクトで軽いといえば、一般的にはこのスタイルになります。最小のガス缶は満タンで180g、バーナー部は一般的に100gで超軽量…なのですが、私調べ世界最軽量の25gの中華バーナーが存在します。ぶっちゃけ、ガス残量少の110缶と世界最軽量中華バーナーで構築するシステムの総重量は、火を使う回数によってはこれから紹介するアルコールストーブシステムよりも軽くできます(システム総パッキング体積ではアルコールストーブの圧勝)。世界最軽量のガスバーナーが気になる方はコチラ「いわくつきの世界最軽量25g 中華ガスストーブ…」をご覧ください。

アルコールストーブのメリット

軽い!というのが一番。ストーブ自体が軽量、燃料のアルコールは必要量のみボトルで持ち運べる。

寒冷地でも安定して使える⇔ガスは気化しにくくなるため、寒冷地では一般的に火力が下がるため、寒冷地用のガス缶が存在する。

アルコールストーブの燃料はドラッグストアで購入可能。燃料用アルコールは一本500mlで400円しないことが多い。

ケンエー燃料用アルコール 500ml

音が静か。

市販品も多くありますが、誰でも作れ、世界中にアルコールストーブを創るマニアが存在。ワタシも昔、作ってみましたが、燃費が悪く、実用的ではありませんでした。

トランギア正規日本代理店イワタニのホームページより

アルコールストーブのデメリット

風に弱い。

火力調節ができない(一部例外アリ)

化石燃料系に比べて火力が弱い。

連続燃焼時間が短い(最長20分を超えると長い方)

想定外に過熱に時間が掛かって燃料切れを起こしがち。

使える風の状況、燃焼時間、燃料管理ができないと結構ピンチに陥ります。

しかしながら、状況判断さえ間違わなければ、十分な火力で調理ができ、軽量でコンパクトの恩恵が受けられるので、興味を持つ方もおられるわけです。

アルコーブストーブ ホワイトボックスの特徴

タイトル通り、ホワイトボックスはゴトクが要らないのが最大のメリットと思います。

次に、五徳不要の仕組みを可能にしているサイドバーン式だという点が使い手によって良し悪しを分けるポイントになります。

まず、五徳についてですが、先にあげた、自作アルコールストーブ達、一般販売されているアルコールストーブの炎の出る場所は全てストーブ、筒の真上で、ストーブの上に置くと火は消えてしまいます。それゆえ、五徳ゴトクは何を使うかでアウトドア系Webサイトでは特集が組まれるほどです。

Amazonアルコールストーブ五徳

五徳が要らないので、総重量が軽く、クッカーに収まる

ホワイトボックスの大きさは縦横5.7cm、本体30g、アルミの風防19gと合わせて59g。風防は柔らかいアルミの帯なので、スティック状に丸めてもいいし、板状にクッカーを巻く事もできるので、パッキングはしやすい。すると、湯沸かしや、調理するクッカーにホワイトボックス本体、風防(ウインドシールド)を収め、燃料と点火のマッチ等もスッキリ収納することも難しくありません。

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥1,476 (2021/11/29 15:14:40時点 Amazon調べ-詳細)

サイドバーン方式は使用するクッカーとの相性差が激しい

なんとなくイメージできると思いますが、サイドバーン方式はやや大きめの鍋の底を広く温められるメリットであり、小型クッカーだと鍋の中心部が温まりにくい、サイドから火がこぼれてあがるというデメリットに直結します。

直径14㎝程のクッカーで作ったラーメン。取っ手に迫る炎に、軍手の必要性を感じる。火力はハンパなく、辛ラーメンは地獄鍋の様相を呈した。

このラーメンを調理したクッカーはよくある円形のパーソナルクッカーで、ホワイトボックス推奨のクッカー直径サイズ5インチ12.7㎝を上回る14㎝ほど。ホワイトストーブから上がる炎は、完全にクッカーの鍋肌を超え、マシマシではみ出たモヤシを焦がし、ハンパなく、かなり激しい煮込み具合となりました。ここまでくると、暴力的な火力で、火力調節ができないアルコールストーブのデメリットしか目に入らないと思うので、穏やかなクッキングタイムを望む方には丸形ソロクッカーにホワイトボックスは推奨できません(笑)。

ホムセンおひとり様用、金のアルミ鍋で焼き餃子

逆に、2−3人用のフライパンや、ひとり鍋にピッタリの金色のアルミ鍋、メジャーで人気のあるアルミで直方体のメスティンは安心して調理できます。餃子も焼けましたし、メスティン自動炊飯も完璧でした。メスティンは長細いので、両サイドから炎は漏れますが、サイドだけ焦げるということもなく、自動炊飯ができました。

自前ブログあり〼メスティンのフタで焼き餃子(ガス)/マイクロリフターでメスティンのフタ焼餃子(動画あり)ブログ

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥999 (2021/11/29 15:39:05時点 Amazon調べ-詳細)

↑ホムセンで安く、鍋がおいしそうなので買った金のよせ鍋は底が浅いアルミ鍋なので、ひとりで鍋をやるにもいいし、御覧のように焼き餃子をするにも応用が利きます。費用対効果、実用の幅はメスティン以上?

燃費について

一合の自動炊飯。1オンスか40mlカップ1杯で失敗は無し

アルコールストーブマニアさん達のサイトは多く、燃費比較実験も多いが、日本国内ではあまり出回っていないため、国内メジャーサイトの比較対象に入っていないため、明確な比較はできていないが、実感として、一合の炊飯に30-40㏄ほど。あまりよくない方に入るのでは?とおもいます。米サイトは未調査。

ホワイトボックスのまとめ

円柱の5.7㎝、30gのホワイトボックス。五徳は要らず、点火してサイドから火が上がればコッヘルをそのまま置ける。

サイドから火が上がるため、ソロ用の円形クッカーだと持ち手も火に包まれることがあるため、使用するクッカーは選ぶ必要がある。

本体は肉厚のアルミボトル製のため、しっかりしており、2Lほどの中型鍋でも安心して使用できる。

風防は必要。火力は十分。

燃料は最大で2オンス、60mlほど入れることができ、燃焼時間は最大で20分以上。

他のアルコールストーブと比べて燃費はあまりよくない模様。

created by Rinker
White Box
¥10,074 (2021/11/29 16:00:37時点 Amazon調べ-詳細)

実は…ホワイトボックスを独自にアメリカから仕入れています。

私のメルカリ販売登録商品リストへ。

よい商品を発掘、実践で楽しみ、ブログ作成、更に販売できたらと思っていますので、ブログ読みましたと一言コメントいただけると嬉しく思います。

当ブログ人気記事

-ウルトラライト系ギア
-, ,

© 2021 てくてく日記 Powered by AFFINGER5