冬季はシュラフを重ねるインナーに最適!キュムラスの世界最軽量シュラフは通年で活躍

寝袋を軽量化したい!

軽量化を考えている人、多くないでしょうか? 特に、夏のテント泊での寝袋、3シーズン用は暑く、標高が低いとお腹にしかかけないなんてこともアリ、重くてイヤになる。軽い夏用シュラフは冬期はインナーシュラフとして重ねて使え、実は通年で使えるアイテムでもあります。

目次

夏は単体、冬は重ねて使える夏用シュラフ。だからこそ最軽量が欲しい

お使いの寝袋の重さはどれくらいですか?3シーズン用が一番売れていると思いますが、重さは意識していますか?とりあえず登山専門店でオススメのまま買った寝袋を使っている人は重さがどのくらいか記憶にないのではないでしょうか?実は私もそうでした。800g前後あっても普通でしょう。

created by Rinker
ナンガ(NANGA)
¥58,300 (2024/05/26 05:49:06時点 Amazon調べ-詳細)

↑2023年10月9日現在、楽天市場で最も売れている軽量3シーズンシュラフ。重さは1100gもある。快適使用温度は5℃、下限使用温度は-5℃です。

検索!最軽量シュラフ 一般的に600g以下は「超軽量」シュラフ

夏山用 最軽量シュラフで検索。ヤマハックの記事がトップでヒット。以外にも世界最軽量シュラフはペケペケ社のXXXみたいに一発で商品がでません。

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥33,700 (2024/05/26 05:49:07時点 Amazon調べ-詳細)

重量が415gで快適温度0度というのは素晴らしい。それはわかるのだけど、値段は高いし、夏山登山にはオーバースペック。夏山軽量シュラフに限るともっと軽いものがあるハズ…

created by Rinker
モンベル(mont-bell)
¥26,900 (2024/05/26 05:49:08時点 Amazon調べ-詳細)

探してみると、とにかく軽い寝袋が見つけにくい…。アウトドア系のWebサイト、Amazon、大手販売店での取り扱い商品が検索ランキング上位に来てしまうためだと思われます。ひとまず、3シーズン用の寝袋の軽さがどのくらいなのかが分かりました。400g前後であればかなり軽いクラスに入るという事です。

しかし、さらに軽いモノを求めて検索した結果…

245g!驚異の最軽量cumulus magic125 

めっけ。ムーンライトギア Cumulus MAGIC 125 / キュムラス MAGIC 125

  • 本体重量:245g(±5%)   封入ダウン量:125 g
  • 快適使用温度:13℃(上下肌着のみ着用として)限界使用温度:10℃
  • 25,500円(税込27,540円) 品切れ中

とにかく軽い。ほんとに軽い。
そして普通に使えるってとこが素晴らしい。
攻めの夏山縦走はもちろん冬場はダウンパンツ、ジャケットのかわりに
インナーシェラフとしての使用も面白いモデル。
夏場も冬もひとつで2度活用できる他にないユニークなスペックのダウンシェラフです。ムーンライトギアコラムより抜粋。

ムーライトギアのこの商品のコラムが本気でほしいと私に決意させました。

海外から個人輸入→購入→現在使用中。

記録更新!同cumulus Magic125⇒Magic100 215g

商品画像1

何が違うのか?グースダウンがFP850からFP900に上がり、更に軽量化を進め、世界最軽量を突き進んだモデル。

最新の世界最軽量シュラフは、すでにAmazon、楽天にて購入可能!

早速ですが、Amazonに売っているのですね。2018年の時点では国内販売はムーンライトギアのみで、売り切れ納期未定で、自分で英語サイトでMagic125を探し、ポーランドから個人輸入したキュムラスもメジャーになったものだなぁと、ちょっと嬉しい。しかも、このAmazon、楽天の販売価格33,980円からすると、販売者はあまり儲けていませんね。国際送料と関税を考えると個人輸入するよりこういうところで買った方がラクです。

↓高級羽毛布団に使われるポーランドホワイトグース。寝袋で味わって快眠!羽根布団ですと、こういう金額になるのです。

-アイテム日記
-,

© 2024 てくてく日記 Powered by AFFINGER5